介護タクシーという仕事

介護業界での資格というと、「取得後は介護施設などで勤務することになるのだろう」と思っている方が多いと思います。確かに、介護といえば施設をイメージする方が多いですよね。しかし、中には施設などに勤務せずに、介護に関われる仕事もあるんですよ。「普段から車を運転することが好き」「車の運転が得意」という方にとっては、介護タクシーという働き方もあるんです。
そもそも、介護タクシーとはどういったものかというと、介護が必要とされている利用者の方を依頼場所まで届けるというもの。「タクシーであれば自動車免許があれば誰でも出来るのでは?」と思われる方もいると思います。しかし、介護タクシーとして仕事をするためには普通自動車二種免許だけではなく、介護職員初任者研修を取得していることも必須となります。介護タクシーの需要はこれから更に高まってくるでしょうから、介護職員初任者研修の資格取得をしている方は、今後活躍の場を増やすことが出来るでしょう。「タクシーの運転手であれば収入が安定しないのでは?」と不安になる方もいると思いますが、介護タクシーとして仕事をするのであれば利用者の方も固定してくることになりますから、収入を安定させられるというメリットがあります。もちろん、通常のタクシー業務もこなすことが出来ますが、介護が必要とされる高齢者の方に関わることが可能であることから収入安定だけではなく、仕事へのやりがいも大きくなるでしょう。
このように、介護業界の資格の中には意外な資格、仕事もあります。「運転が好き」という方であれば、こういった介護タクシーと言った働き方もありますのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.