教育訓練給付制度を利用して介護資格取得

今まで勤務していた会社を退職しようとしている方の中に「これから介護業界で仕事をしていきたい」と考えている方もいると思います。そんな方は、「退職後に介護の勉強をして、資格取得をしようと計画を立てている」という方もいるのではないでしょうか。実は仕事をしている際に雇用保険に一定期間加入している方であれば、教育訓練給付制度を利用することが出来るんですよ。
教育訓練給付制度利用による介護資格取得についての説明ですが、会社に長い間勤めている方の多くは雇用保険に加入していたと思います。雇用保険に加入していた方であれば、「退職後には雇用保険が出るからそれを使って生活をし、資格取得をしていきたい」と考えている方もいるでしょう。この雇用保険は厚生労働大臣が指定している講座を利用した場合、支払った学費などが20パーセント戻ってくるという制度があるんですよ。中には、「あまり予算がないからスクールに通うのは難しい」と諦めている方もいると思いますが、教育訓練給付制度を利用すればかなり費用を抑えて学ぶことが出来るのではないでしょうか。教育訓練給付制度を受ける際にはどういった講座を利用するのか、どういった学校を利用するのかによっても変わってきますので、事前に確認した上で適用となる講座を選んでいくことが重要となります。介護業界の資格を目指しているのであれば、利用しないと勿体ないですからぜひ事前にチェックしてみてくださいね。
このように介護業界を目指し、資格取得などを考えている方は教育訓練給付制度を利用して資格取得をしていくこともおすすめ。「費用面で不安がある」という方も、「予算が少ないから勉強方法が限られてしまう」という方にとっても、教育訓練給付制度を利用すれば気軽にチャレンジすることが出来るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.