介護資格のキャリアパス

「これから介護業界で活躍をしていきたい」と考えている方の中には、「勉強をして少しずつキャリアアップをしていきたい」と考えている方も多いと思います。介護業界では様々な資格があるため、その時々のスキルに合わせて資格取得をし、キャリアアップしていくことも出来ますからね。
その介護資格によるキャリアパスとはどういったものなのか。まず、介護業界に入るという時にはどういった資格取得をしておけば良いかというと、やはり介護職員初任者研修を取得していくことが必要となるでしょう。この資格は、介護業界で仕事をはじめるためには欠かせない資格と言えます。介護未経験者の方にとっては、どのように利用者と関われば良いのか、どういったサポートが必要となるのか、それらの知識がありませんから、この資格を取得しておくことで、スムーズに仕事を始めることが出来るでしょう。仕事をスタートさせ、2年以上の経験を積んだ方はその後、介護予防運動指導員や実務者研修などの資格取得をしていくと良いでしょう。介護予防運動指導員は、日常生活を支援出来るプロとして活躍することが出来ますよ。更にその後5年実務経験を積んだ場合には、ケアマネージャーや介護福祉士などを目指すと良いでしょう。これらの資格取得をすることで、仕事の幅をかなり広げていくことが出来ます。これらの実務経験を7年から8年積んだ後には、認定介護福祉士といった難易度の高い資格へチャレンジすることも出来ますよ。
このように、介護業界では様々な資格があるため、その時々のスキルに合わせた資格にチャレンジすることが出来、スキルアップ、キャリアパスをすることが出来ます。こういったキャリアパスが出来れば、モチベーション維持もしやすいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.