介護転職に有利な資格

介護業界に興味がある方は、様々な資格をチェックしている方が多いと思います。介護業界の資格といっても、数多くの資格がありますから、「どれを取得したら良いのだろう?」と感じる方も多いでしょう。「せっかく取得するのであれば、より転職に有利な資格を選びたい」と考えている方も多いでしょう。
では、介護転職にはどういった資格取得をしておくと有利となるのでしょうか。まず、就職や転職で有利となる資格として上げられるのは、介護職員初任者研修や介護福祉実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャー、理学療法士、作業療法士といった資格となります。中でも、介護福祉士は国家資格となっているため、この資格取得をしていることは、就職時にも転職時にもかなり有利となるでしょう。どこでも通用する資格ですから、自信に繋がるはず。「介護福祉士の資格は難しいのだろうか?」と不安に感じる方も多いと思いますが、介護福祉士の合格率は50パーセントから60パーセントと言われており、国家資格の割には決して難しい資格とは言えないでしょうか。介護福祉士がキャリアアップのために介護支援専門員を目指す際には、かなり難易度は上がることになります。介護業界では、様々な資格がありますが、仕事をスタートさせてから徐々にスキルアップして行けるという特徴もありますから、焦らずに少しずつステップアップをしていくというのも良いのではないでしょうか。
このように、介護業界では就職や転職時に有利な資格がいくつもありますので、まずはこれらの資格取得から目指してみてはいかがでしょうか。資格取得をしていなくても、介護業界で仕事をすることは出来ますが、資格取得をしていれば仕事の幅も広がりますし、スムーズに仕事に携わることが出来るはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.